« 努力と根性! | トップページ | DQ8ってどうなんだろ? »

2004.11.28

混迷のアスラン

あくましんかんがあらわれた!
MIA_BstImpulse_00.jpg

…………。
『MobileSuit In Action』のブラストインパルスを見ていたら何となく。まぁ今日は番組見ながらコレにスミ入れしていたわけです。毎度のことながらプラモ作ったりフィギュアいじったりしながらエアチェックしてるモンだから、画面見ないで声だけ聞いてる時間が結構あるんですよね。見落としている部分多いんだろうなぁ…。

さて、『DESTINY』第7話。
前回より落下中のシンとアスランですが、意外にもあっさりと大気圏突破。ミネルバの連中も「推力が足りなくて云々」ということよりも、もっと他に心配することあるだろ!従来のシリーズなら、ザクを拾ってみたらローストアスランが、ってコトになるのが普通。ザフト製MSの装甲は断熱材?実はコクピットは常時冷房が効いてて快適なのかも。
少なくともインパルスとザクに関しては、戦闘していなければMS単体で大気圏突入も可能な雰囲気ですよね。となると強奪された3機のイロモノガンダム達も単体での大気圏突入は可能、ということになりそう。前作でもPS装甲を持っていたストライクは大気圏突破してましたから、PS装甲なりTS装甲なりを持った機体は大丈夫なんでしょうね。…あれ?ザク?

射撃訓練のシーン、レイはともかくとしてもルナマリアは下手すぎ。多分あれではナチュラルでも超えられる人はゴロゴロいますよ。やはり「そのようにコーディネートされている」のでしょう。ザフトはそんな人物にトップガンの地位を与えてて良いんでしょうかねぇ…。
実際、これまでで赤服着られる要因として考えられるのはMS操縦能力だけ。確かにMSでヘッドスプリングができれば大したものです(ここにもモビルファイターの影!)が…。
もしかしてミニスカ?タリアもメイリンもタイトスカート穿いてるし。色仕掛けでデュランダル議長たぶらかして…だとすると、どれだけ職権濫用すれば気が済むんでしょ、この議長。よくリコールされないなぁ。
実は前線における兵士達の欲求のはけ口として…とかね。だから情事常時ミニスカ着用。夜のトップガンとしての能力を買われて、なんてね。おっと、これはここまでにしておきましょうか(^^;)

今回いきなりアスランに対するルナマリアの態度が豹変。設定変わったのかと思うくらい。「知ってましたよ」で片付けてしまうのはいかがなものかと。仮に知らなかったとしても宇宙に出てからカガリが「アスラン、アスラン」って散々言ってるんだから気づくでしょ、普通。「アレックス・ディノ」意味なし。IDカードまで作ったのに。
ともあれ、半ばミーハー的にアスランに接近するルナマリア。カガリもしっかり見てますしね。これがアスランの女難の幕開けなのかな、と。

一方マルキオハウスはユニウスセブン落下時に壊滅。見事に家だけなくなってます。細かい破片だけバラバラと落ちてきたんでしょう。抉れてクレーターみたいになってるより、残骸が残ってるあたりが中途半端に可哀想。ただ、あまり「悲惨」という感じがしないのは何故なんだろう。シェルター装備だから?
そのシェルターではラクスの新曲お披露目会状態。でも歌を聞かせる対象は視聴者ではないんですケド。子供を励ますんならもっと明るい歌(内容ではなくテンションが)を歌えよ!と突っ込みたくなりました。導師様、正しく導いてやってください。

今回はドラマパートのみでバトルはなし。政治部分が少し動いたのかな。火種はできましたから、あとはそれぞれがどう動くのか…。どの陣営も思わせぶりな人々ばかりですから、当然目に見える動きが全てではないんでしょうが。偽ラクスも登場したし、1クール終わる頃には泥沼化してるんでしょうなぁ。

そういえば東京にもユニウスセブン落下してましたね。

|

« 努力と根性! | トップページ | DQ8ってどうなんだろ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 混迷のアスラン:

« 努力と根性! | トップページ | DQ8ってどうなんだろ? »