« アグネス新刊 | トップページ | 紅茶の日 »

2004.10.31

その力、見せつけろ、ザク!

きっといつかは後継機が出てきて「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」って言うオッサンが現れるのでしょう、うん。ただ、「グフウォーリア」だったら種デス見るのやめるかも。

ともかく予告でああ言っている以上、来週は大活躍なんでしょうね、ルナマリア。赤服着ているコーディネーターのわりには何か天然入ってそうに見えるのは気のせいでしょうか。前作の後半からコーディネーターの定義自体いい加減になってきているので、キャラ設定には関係してないんでしょうけどね。
でもアスランの顔を至近で見てるにも関わらず気づかないってのはどういうこと?デュランダル議長はソッコー気づいてるのに。いくら軍人が多いといっても、アスランも同じ赤服だし、かつての議長の息子である上、国民的アイドルのラクスの婚約者なんだから、民間人だって知っててもおかしくないはず。ホントに赤を着られるほどのエリートなのか疑問です。むしろそんな風にコーディネートされたと考えるべきなのかな…?

そんなルナマリアのザクはガナータイプで出撃。最初は「ガナー」って何のことかと思っていたんですが、何のことはない「Gunner」なんですよね。日本語では「ガンナー」っていうのが一般的ですが、それはカタカナ英語。似たような例として、某爆弾男は「ボマーマン」が正解。
目的別に各種兵装が換装できるのはザクもインパルスも同様ですが、インパルスはどのあたりが「まったく新しい効率が良いMSシステム」なのか甚だ疑問。少なくとも合体機構は要らないような…?パイロットの生存率高めるにしてはコストかかり過ぎ。ミネルバはインパルス運用のための発進機構を搭載していることからすると、合体が重要なんでしょうけど。宇宙世紀でウッソがやったように下半身を敵にぶつけたりするんでしょうか。まぁ相打ちOKという前提なら機体の半分は残るので、単体としての費用対効果はよいのかもしれませんが。でもVガンダムは量産を前提とした期待であるのに対し、インパルスは明らかにワンオフの試作機ですからねぇ…。議長ってば技術者に騙されてる?実はもう量産のラインが出来ていて、しばらくするとミネルバのハンガーには足だけやたらたくさん格納されることになったりして(^-^;)
因みに今日は番組見ながらコレをいじってました

ミネルバの兵装にはトリスタンにイゾルデという名称が使われています。アーサー王と円卓の騎士物語が出典です。でもナイトハルトって名前の人いたっけ…?弾の名称は別のトコからとってるのかな?

アスランはデュランダル議長に偽名使用について叩かれてましたが、あれってZでのクワトロの位置づけですよね(グラサンつながりだし)。言われた側が言う側に回る。面白い演出です。いつかはアスランも議会で演説を…
「私はオーブのアレックス=ディノであります。話の前にもう一つ知っておいてもらいたい事があります。私ははかつてアスラン=ザラと呼ばれていた男だ。私はこの場を借りてパトリックの遺志を継ぐ者として語りたい。勿論ザフトのアスランではなく、パトリック=ザラの子としてである。」
…なんてね。

連合の強化人間たちは「ブロックワード」に「最適化」など、運用が面倒臭そう。出生時からコーディネートされてないとデメリットばかりのようです。専用の最適化システムごと前線に持っていく必要があるので非実用的。まぁ「試作段階」ってていう思わせぶりな言葉からすると番組後半にはコーディネーターを超えるヤツ等がでてくるのでしょうね。『銀河英雄伝説』のタンクベッドのようなシステムができれば大部隊も組めますし。

シンは出番少ないくせに尖り過ぎ。もはや主人公ではないです…って主人公だと思って視てる人がどれだけいるのやら。

|

« アグネス新刊 | トップページ | 紅茶の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その力、見せつけろ、ザク!:

« アグネス新刊 | トップページ | 紅茶の日 »